電子給与明細の法律

電子給与明細についての法律を徹底解説

電子給与明細にまつわる法律

電子給与明細にまつわる法律 近年、多くの会社で導入が進んでいる電子給与明細。
電子給与明細に最も強く関係する法律が所得税法です。
ここでは、雇用者に対して給与明細書を交付する義務が課せられています。
この法律には、従業員が雇用者に給与明細を請求された場合は書面で交付する必要があるとも定められています。
他に電子給与明細に関連する法律としては、労働基準法や健康保険法、厚生年金保険法、労働保険徴収法を挙げることができます。
労働基準法では雇用者に賃金台帳を整備する義務が課せられていますが、給与明細交付に関する記述はありません。
後者では、保険料控除の計算書を整備する義務が雇用者に課せられていますが、書面で交付することに関する記述はみられません。

従業員の同意ルールとは?

電子給与明細は法律的にどうなの?従業員の同意ルールとは? 電子給与明細は法律的に問題ありません。
労働基準法108条には「賃金台帳を整備する義務」がありますが、必ず紙の給与明細を交付することとまでは書かれていないので、電子給与明細でもOKです。
所得税法では「給与の支払いを受けるものに支払明細書を交付しなければならない」と定められていますが、紙の明細書が必要との記載はないです。
結論を言うと、給与明細の発行は必須だが、紙である必要まではないということになります。
しかし、所得税法には「従業員が同意すれば電子でもかまわない。
書面での交付を請求されたら応じなければならない」とあることに注意が必要です。
つまり、電子化するためには全従業員の同意を得ておくことが必要です。
さらに、いつでも紙の明細書を交付できる状態にしておくことが求められます。
電子化には印刷費などのコストを削減できる、保管しやすい・場所をとらないなどのメリットがあります。
一方で情報漏洩リスクがあるのでセキュリティ対策をしっかりしておかなくてはなりません。
また、従業員の同意が必要なので、同意しない従業員がいる場合にはかえって手間が増すことがあります。
書面での交付を請求されたら応じる必要があるので、たくさんの従業員が印刷をしたら印刷費などのコストは削減できないというデメリットなどもあります。

電子給与明細情報サイト

電子給与明細のことはご相談ください

新着情報

◎2020/8/19

電子給与明細を縛る法律
の情報を更新しました。

◎2020/7/1

明細の管理手法にまつわる法律
の情報を更新しました。

◎2020/05/15

サイト公開しました

「明細 法律」
に関連するツイート
Twitter

労働問題で法律相談に行くのに給与明細を持って行かなかったのは私です(^^ゞ

返信先:

給料明細もらったけど休みの日に仕事代わるはめになるのを繰り返した結果給料たっぷりだったからヤッタ〜〜〜!!仕事します。てなったけどヤッタ〜〜〜!!明日は休みだ〜〜〜!!てってるときに明日仕事入ってって言うのは法律で禁止してほしい。ガッカリ感が倍になるので……

しかも作業の参照資料としてそのかたの給与明細とかも拝見させていただいたんだけれど…… 経験年数あって処理能力高くて1人でいろんなこと担っていらっしゃって人柄も良くてもう本当パーフェクト秘書さんなのにこんなお給料お安いのかと思うと、法律事務所の事務局さんや秘書さんて大変すぎんか😭😭😭

国民が知らない皇室経済法と皇室経済法施行法 一般国民は聞いたこともない法律 分かりやすく言えば「皇族のための法と施行法」 皇族費の内訳(年額万円) 秋篠宮さま 9,150 紀子さま  1,525 眞子さま  915 佳子さま  915 悠仁    305 皇室経済法6条関係 使途や明細等の公表が不用な金